【プロジェクター】相手を読み取り、ガイドする存在

遊び心で実践してみ?ヒューマンデザインシステム

プロジェクターの概要

行動指針(ストラテジー) 招待を待つ
Not Selfのテーマ 苦味
メカニズム 仙骨センターに定義付けを持たず、モーターが喉センターにつながっていない
オーラ 集中し吸収する
質問 あなたはだれなのだろうか。私は気づかれるのだろうか。
シグネチャー/ゴール 成功

 

プロジェクターの役割とオーラ

プロジェクターは人々をガイドする役割を果たします。

オーラの形は一人にフォーカスできるようになっています。これは、相手を深く読み取り、「ガイドする」と言う役割から来ています。

▼ガイドする役割

▼相手をフォーカスするオーラ

オーラが一人一人をフォーカスするので、一対一に向いています。

大勢を相手にするより、一対一のほうが本来の影響力を発揮します。

プロジェクターの行動指針(ストラテジー)

プロジェクターの行動指針(ストラテジー)は、「招待を待つ」というのがキーワードになります。

プロジェクターは何かの専門家になったりあなたの代わりがいないようなことをします。

したがって、あなたでなければいけないことを求められ招待されることがじゅうようになります。

この招待があってこそ、あなたは求められ認められあなた本来の才能を発揮します。

そして、あなたを求める人々をガイドするのです。

プロジェクターのNot Selfのテーマは「苦味」となります。あなたを正しく認識していない人や招待していない人にあなたからアプローチすると正しいコミュニケーションが生まれずあなたは苦味を感じることになってしまいます。

マイダンジョンカード用語一覧はコチラ
◆◆◆講座・イベントはこちら◆◆◆
◆◆◆ありのままのあなたに豊かさを◆◆◆
◆◆◆LINE公式でマイダンジョンカード画像のプレゼント中◆◆◆